次代の常識を創ろう

採用トップ会社概要Entry

思いを理解し共有するチカラがつくり出す、
新しいおとうふのおいしさ

院卒(バイオサイエンス専攻)。入社後は研修期間を経て、広報室に配属。その後、品質保証部開発チームを経て、2017年より開発室長として活躍中。

開発室では、主に新商品やリニューアル商品の開発を行っています。お客様のニーズや世の中の動きを的確にとらえて生み出される社長のアイデアを、実際に形にして商品まで仕上げるのが役割です。相模屋の開発は、ラボでの試作から工場で商品にする所まで一貫して携わります。もちろん全ての工程を開発室だけで行うのではなく、社長をはじめ、製造部門、品質保証部門と連携を取りながら、各部門一体となって皆で作り上げていきます。

目指すところを理解し、共有する力と感度

開発に当たっては、様々な素材や化学、機械についての知識も必要ですが、それ以上に、社長の目指す商品のコンセプト・思いを理解し、いかに製造現場や、時に社外の方とも目指す所を共有して、コンセプトに沿った商品に妥協なく創り上げていくかが大切です。社長をはじめ、多くの方々とやり取りしながら進めていきます。

また、独立部門としての開発室立ち上げに伴って、開発室長を拝命して以来、相模屋にとっての開発部門のあるべき姿を日々考えながら、部署としての土台作りを進めています。常にスピードを意識して取り組む姿勢を持ちつつも、商品によって、開発期間や関わる人数の規模、これまで 取り扱ったことのない新規設備の導入など、開発条件は都度異なるため、高い柔軟性を備えた部 門であることが必要と考えています。そのため、モノの考え方や行動の仕方など何かに固執する ことなく、柔軟に対応できるように努めています。

相模屋の目指すおとうふの世界のすそ野を広げられるような、何より“おいしい”商品を目指し て、開発室としてのモノづくり力を強化していけるよう、走っていきたいと思っています。

どんなコンセプトでも、商品開発は「おいしさ」を軸に追究

どんなものでも、商品開発では「おいしさ」を軸にして取り組んでいますので、試行錯誤した試作品が、社内試食で「おいしい!」と声が上がった時は非常に嬉しく励みになります。また店頭で、自分が携わった商品が並んでいるのを見た時や、それをお客様が手に取って下さっているのを見た時は、感慨もひとしおです。拝みたくなります(笑)。皆で必死に作り上げたものが実際に商品になって、見ず知らずの方が喜んでくれるなんて、本当にやりがいのある仕事です。

新しいことにチャレンジさせてもらえる環境

もともとおとうふが好きでしたが、会社説明会で実際に試食させてもらったおとうふが非常においしくて、生産量が多くても、基本である“おとうふのおいしさ”を大切にしている会社だなと感じました。また、豆腐メーカーとしての新しい取り組みや、「限界は決めない」とおっしゃっていた社長のお話が印象的で、ここであれば「自分の成長が会社の成長につながっていることを実感しながら働けそうだな」「自分でも新しいことにチャレンジさせてもらえるかもしれない」、そして「やりがいを感じながら、ここなら楽しく働けそうだな」と思い、最終的に志望しました。
入社してからも、お客様に喜んでいただける美味しいおとうふ、新しいおとうふづくりに、全力で向き合っているところに相模屋の魅力を感じています。また、本人のやる気次第で、チャンスがたくさんあるところも、実際に入って感じた魅力です。

ライフステージに応じた働き方

入社後、結婚や出産と、自分自身のライフステージも大きく変わってきました。現在、産休・育休から復帰して約半年が経ちましたが、今も日々、仕事と子育ての両立に向け、模索しながら取り組んでいる最中です。会社側も、女性が仕事と子育てを両立していくためにはどういう仕組みを作れば良いのか、常に一緒に検討。職種によっては難しい場合もありますが、『子供の行事があるので早上がりさせて下さい。その分、家で資料は作ってきます』など、今の自分に可能な範囲で、自分にとっても会社にとっても望む成果が出せるよう、持続可能性の高い働き方を目指して、色々と試させてもらっています。小さな子供がいると、家では仕事にならない時も間々ありますが、私にとっては、ワークとライフを分け過ぎないスタイルが、働きやすいと感じています。

メッセージ

当社は、大卒新卒者に対して特に多くのチャンスがあります。目の前のことから何が学べるか、自分から“取りに行こう”と努力する人であれば、様々な機会を与えてもらえると思います。開発室も、文系・理系問わず歓迎しています。やる気のある方、ぜひお待ちしております!