次代の常識を創ろう

採用トップ会社概要Entry

自らの提案で、
相模屋のおとうふの世界を広げていく

冨吉:大卒(トレード&エコノミー専攻)。入社後は研修期間を経て、営業部に配属(現在、産休中)。
今井:大卒(管理栄養学専攻)。入社後は研修期間を経て、営業部に配属。

今井:営業部はお取引様に相模屋の商品や売り場作りをご提案し、おとうふの美味しさや可能性、使い方を広げ、売上を伸ばすことを目標に日々商談を行っています。日本人にとって大変身近な存在のおとうふですが、ベーシック商品である木綿・絹とうふだけでなく、おかずやっこシリーズ、とうふ麺、ナチュラルとうふシリーズといった相模屋にしかできないご提案を行い、「こんな食べ方もあるんだ!」という驚きと発見を提供します。また、試食販売や新商品の展示会もあり、バイヤーの方だけでなく直接お客様の声を聞く機会もあります。直接外部とやり取りをする数少ない部署であり、大変やりがいを感じる部署です。

冨吉:相模屋は、スーパーマーケットさんを中心に市販用(一般消費者向け)商品をメインに販売しています。また、業務用商品のお取引もさせていただいており、お取引先様は外食産業や学校給食、病院など多岐に渡ります。お取引先様での商品導入率や売れ行きが、会社の売上に直結する部署です。

商品だけでなく、売り場全体を提案できる強み

今井:主にスーパーマーケットさんの本部に訪問し、バイヤーの方に企画・販促提案を行っています。お取引先様ごとにご来店されるお客様のニーズが違ってきますので、出荷実績や商品の種類、価格帯など分析を行い、売上伸長はもちろんおとうふ売り場を盛り上げられるご提案を日々目指しています。新商品が出たときは一人でも多くのお客様に商品の美味しさや魅力を知ってもらうべく、試食販売に入ることもあります。まだまだ半人前ですが、売上に貢献できるよう日々努めています。
同期が同じ部署にいるので、ちょっとしたことも相談しやすく、心細さがない一方で、競争意識も持ちながら、互いに頑張っています。

冨吉:私も同じく、お取引先様に対して相模屋の商品のご提案を行い、会社の売上に貢献できるよう日々努めています。スーパーマーケットさんのおとうふ売場におけるメニュー提案や売場演出・展開のご提案、売り場に置く商品の場所のご提案も並行して行っています。基本から新奇性の高い商品まで幅広いカテゴリーで商品を有する相模屋だからこそ可能な提案です。
また、私も同じ部署に同期がいるのは良い環境だと思います。スタートが同じなので、情報も共有しやすいですし、彼女が頑張っているから自分も頑張ろうという励みになります。

提案力が目に見える結果となることに感じるやりがい

今井:自分の提案を採用いただき、スーパーさんの売り場に並べられて、商品をお客様に届けられることにやりがいを感じます。日本人にとって当たり前の食材となっているおとうふですが、相模屋の多様な商品をご提案することによって、お客様におとうふを選ぶ楽しさを知っていただき、商品のリピートに繋げられると嬉しいです。

冨吉:私も商品をご提案し、お取引先様から採用いただきお店に並べられた時にやりがいを強く感じます。営業は売り上げが数字として表れるので、自分の頑張りが数字に表れた時は非常に嬉しく感じます。また消費者の方とも関わる機会が他部署と比べて多く、相模屋の商品に対して直接「美味しい」と言っていただける瞬間に立ち会えることも、やりがいに繋がっています。業界№1のおとうふメーカーとして、常に新しいおとうふの価値観をご提案し、おとうふの可能性を広げていけるようになりたいと考えます。

おとうふの未来をつくりあげる力に

今井:相模屋に入社して一番大きなことは、おとうふの世界の広さを知ったことです。入社前は木綿とうふと絹とうふしか知らず、おとうふは醤油をかけて食べるものという一方的な食べ方しか知りませんでした。相模屋で色々のおとうふの種類や食べ方を知り、さらに相模屋がつくりだす今までにない新しいおとうふを自分が提案することになった今、大変勿体ないことをしたと思います。
相模屋の魅力は、おとうふに真剣に向き合い、おとうふの未来をつくりあげているところです。私自身はまだまだ発見ばかりの毎日ですが、おとうふの世界を広げていき、未来をつくりあげていく力になれるよう日々取り組んでいます。

年齢や社歴に関係なく、自分の考えを表現

冨吉:相模屋に入って一番嬉しかったのは、初めて自分の企画をお取引先様に採用いただいた時です。自分の提案を採用いただき、売り場で大きく展開されているのを見た時は大変嬉しく感じました。今でもその時の写真は保管しています。
相模屋で働く魅力は、自分の考えを年齢関係なく、表現できることです。クリスマスにお取引先様にナチュラルとうふをデザート提案したいと考え、部内で話したところ、「じゃあ、やってみよう」と後押しをしてもらいました。上からの企画でなく、自分が考えたものを提案して表現できる風通しのよい環境に、とてもやりがいを感じます。

メッセージ

今井:おとうふはお客様に毎日手に取っていただいている日本の代表的な食材ですが、知られていない魅力はまだまだたくさんあり、可能性は無限大です。おとうふの世界をもっと面白くするために、ぜひとも相模屋食料で一緒に働きましょう!
冨吉:相模屋は自分の意見や考えを持ち、それを表現できる場が非常に多い会社です。自分にしかできない仕事が相模屋にはあると思います。何事も新しい物にチャレンジしたい方、常識にとらわれず新しいものをつくりだす仕事をしたい方は、相模屋にぜひどうぞ!