おいしいお豆腐 相模屋 SAGAMIYA

Action for the Food Education 食育の取り組み

おいしいおとうふをもっと子どもたちへ

mikuおとうふプロジェクト 相模屋×小学一年生 ピッカピカむら詳細はこちらから!

日本人なら誰もが知っている「おとうふ」。
日本の食卓に常にあり続け、長い間日本人の健康を支えてきた「おとうふ」。
そんなおいしいおとうふを「子どもたちにもっと食べてほしい」
「おとうふのおいしさをもっともっと知ってもらいたい」
そんな思いから相模屋ではさまざまな食育の機会づくりに取り組んでいます。
2011年にスタートした育児情報誌『miku』との
コラボレーション企画「おとうふプロジェクト」もその一つです。
乳幼児や小学生のお子さんをお持ちのママたちにご参加いただき、
「もっとおとうふを子どもに食べさせたい、家族で食べたい」
という思いを実現するために
おとうふについて考え、情報交換していく活動です。
また、小学館『小学一年生』の子どもたちが大豆の畑づくりから
大豆を使ったおとうふづくりを体験する企画「ピッカピカむら」に参画。
相模屋の工場見学やおとうふづくり体験を通じて
子どもたちにおとうふをもっと知ってもらうための機会づくりにも取り組んでいます。
日本人の健康を支えてきた伝統食材「おとうふ」を次の世代へ。
相模屋の思いを込めて伝えていきます。