おいしいお豆腐 相模屋 SAGAMIYA

Passion of Employee 社員の思い

おとうふづくりにかける思いを、社員が熱く語ります。

限界を自分で決めない取り組み姿勢がおとうふをおもしろくする

広報室 商品開発担当 松田明菜 2011年4月入社

「製造技術面からの広報活動の支援」と「新商品・リニューアル商品の開発」を柱に、業務に当たっています。「相模屋のおとうふのおいしさの根拠」を情報として蓄積し、それを発信していくことで、お客様により相模屋を知って頂いて、安心して召し上がって頂けるようにするのが、私の仕事です。また、実際新たな商品の開発にも携わっています。よりおいしい・驚きのある製品を目指して、日々試行錯誤を繰り返しています。

私はまだ今年で入社2年目ですが、入社した頃にはなかったものが導入されたり、不要なものは効率化されたりと、会社全体が日々進化をしているのを感じます。「徹底的に考え、いけると思ったら50%の時点で始める。きれいにやろうなんて思わず、残りは試行錯誤しながらもゴールに向かって進んでいく」という方針のもと、会社全体がそういったスピード感で進んでいると思います。開発業務も次から次へと新しいアイディアが下りてくるので、いくつも同時並行で進めています。また、「限界を自分で決めない」という社風の中に身を置いていると、始めは無理だと思うことでも、手持ちの武器で「どうやったら出来るだろう」という方向に考えるように自分自身が変わってきました。このスピード感の中で、日々必死に考えては日々工夫をしながら進めています。

より多くの方に、おとうふの魅力を知って頂き、召し上がって頂けるよう、今までになかったおとうふの裾野を広げられるような商品を創り出していきたいと思っています。「おとうふをおもしろくする」という相模屋の思いを、私も一緒に形にしていきたいと思っています。

圧倒的なスピード感でおとうふの新たな伝統をつくりあげる

第二工場 副工場長 長谷川明彦

相模屋にいて感じる事は「やる気になれば何でも出来る」という事。いままで誰もやろうとしなかったこと、業界の常識を覆すような新商品が次々と生まれています。相模屋の使命を、従業員一人ひとりが理解していることが大きな力となり、全従業員が同じ目標に向かって走っているからこそ実現できるように思います。

そして、相模屋の強みは「圧倒的なスピード」です。新商品・取り組み・是正・対応等考えながらもすぐ行動に移しています。また、当然ながら慎重に動かなければならない案件などは、じっくり煮詰めることもあります。「圧倒的なスピード」を持ちながらも、立ち止まって確認することができ、ベストな形を導き出すことができる、これが相模屋の最大の強みだと感じます。

現在は、第二工場の運営を担当。また、デイリートップ東日本のプロジェクトメンバーとして、相模屋スタイルを取り入れた工場の再建にあたっています。各セクションと連携を取り、安心・安全でおいしいおとうふを、より多くのお客様へお届けできるよう努めています。実務にあたっては、経営的視点や会社として何をめざしているかを常に意識して取り組んでいます。

おとうふは、どの食卓においてもよく食べられている食材でその用途は様々です。これまでのおとうふのイメージを一風変え、食卓の脇役から名脇役、そして主役へと近づけたいと思っています。自分の仕事を通じて、おとうふの新たな伝統をつくっていけることにやりがいを感じ、それを実現できるのが相模屋だと考えています。